年々ラケットの進化により打ち方が変わってきましたね。
ウッドラケットの時代は薄いグリップで前に押し出すような打ち方でした。
そして今は厚いグリップでスピンがメインの上に振り抜く打ち方になって来ています。

レッスンをしていると昔の打ち方が直らず手でこねて押し出そうとしてホームランばっかりになっている人がいますね。
力任せに打つと身体に負担がかかり、テニスエルボーなどになることもアリえますのでご注意です。

テニスで身体を使うには回転のパワーを使う必要があります。
そのためには軸が大事になり、その軸を回転させることによってパワーを生み出します。
その為には身体の一番重たい部分の頭をしっかりと残しておくことです。
テニスをうまくなりたいのであればこのバランスは意識して打っていきましょう。